おかしいことはおかしいと言える社会に!

豊中市(仮称)中央図書館基本構想について

  • HOME »
  • 豊中市(仮称)中央図書館基本構想について

(仮称)中央図書館基本構想

豊中市は2021年2月に(仮称)中央図書館基本構想を策定しました。
豊中市(仮称)中央図書館基本構想
・令和4年度(2022年度)までに候補地選定
候補地は豊中駅~岡町駅~曽根駅から徒歩圏内、現在の岡町図書館の約1.5倍の規模である約5,000㎡、蔵書数55万冊、公民連携手法の導入
・令和10年(2028年)頃開館予定を想定

豊中市には現在図書館が9館(地域館4,分館4,分室1)と図書室が2室、動く図書館が1台あります。

(図:豊中図書館連絡会作成)

そのうちの岡町図書館は昭和20年(1945年)に開館、昭和44年(1969年)現在の場所に移転、平成4年(1992)5月改修の建物で老朽化が進んでいます。
そこで、(仮称)中央図書館を新築し、
①野畑図書館の書庫機能を(仮称)中央図書館に移し、野畑図書館を分館以下の位置づけにする
②庄内幸町図書館を(仮称)南部コラボセンター開館にあわせて廃止
以上の2点は決定済みですが、その他の図書館/図書室については(仮称)中央図書館の設置と並行に検討される予定です。(豊教読408号回答5及び豊教読443号回答1)

市の「基本構想」(要約)

1.岡町図書館は「中央図書館」(仮称)として新しい場所に新設する
場所は「豊中~曽根駅の徒歩圏内」整備方法は「公民連携手法」を検討

2.庄内と千里中央の2館は地域館とする
庄内幸町図書館は南部コラボセンターの整備に合わせて廃止

3.野畑・蛍池・東豊中・服部・高川の5図書館と利倉西・いぶきの2図書室は「更新・改修・再編等」を検討する
市の「公共施設マネジメントの基本方針」(延床面積の2割削減)に基づき検討

4.2022年度までに「中央図書館」の候補地選定をする
開館は2028年頃を想定

5.2022年度までに各施設の更新・改修・再配置の計画を策定する

6.新しく作る(仮称)中央図書館は豊中駅・岡町駅・曽根駅から徒歩で行ける場所を予定されており、2022年度に具体的な場所を決定する予定

懸念点

 

 

 

 

  • facebook
  • twitter

LINE公式アカウント↓↓

友だち追加

会員募集中↓↓

 

 

一般社団法人プラスワン

PAGETOP
Copyright © 坂本まりオフィシャルサイト All Rights Reserved.