2020年9月13日(日)
KKRホテルにて、女性消防団員の研修会がありました。

開会後、まずは公益財団法人大阪府消防協会長と大阪府危機管理ちう消防保安課長からのあいさつ。
その中で、女性消防団員数についての紹介がありました。
消防庁の統計によれば、消防団員における女性比率は3.1%(平成31年は3.2%)、大阪府は2.3%(令和2年は2.5%)なのだそうです。

総務省消防庁HP 消防団に関する数値データより
https://www.fdma.go.jp/relocation/syobodan/data/scale/

このグラフだけみると女性団員が多いように見えますが実際は・・・・。
むむー。
ちなみに豊中市消防団は実員数525名、うち女性13名なので、2.48%。大阪府の平均通りです💦
今年度の発表で先進事例も発表された泉大津市消防団は65名中女性17名で26.2%!桁が違う!
パワーがあるなあと思ったら、、、こういうことなんですね。納得。

消防は女性比率がとても低い分野ですが、データでみると、また中に入って活動すると肌で実感します。
女性団員は男性団員や消防隊員のお手伝い、、、というところからいかに脱却できるかが、これからの女性消防団の課題であるように感じます。

今年度は「防火・防災・感染症防止などをテーマに100円均一ショップ商品10点以内で作るアイデアグッズ」の事例発表。
9市の発表と2市の先進事例発表、動画での参加は時間進行の都合で、後日となりました。

各市アイデアがいっぱいでした!

新聞紙スリッパの発表もまだたくさんあって、「どこの家にでもある新聞紙」がまだメジャーなんだなと少しカルチャーショックを受けつつ、新しい知見も得ることができました。

ありがとうございました(^^♪