2019年5月27日(月)
本日から豊中市就学援助の申込が始まりました。
就学援助制度は学校教育法に基づき、小・中学生の子どもがいる家庭に学用品費や学校給食費、修学旅行費(上限あり)や医療費(対象疾患のみ)などを市が援助する制度です。

この制度は単年度認定なので、毎年申込が必要です。
今日からは豊中市役所第1庁舎4階の会議室が集中申込会場になっています。
豊中市では、豊中市立学校だけでなく、私立に通学している子どもも対象(給食費・医療券は除く)とのこと。さすがです!

申込書の設問
「他市において新入学児童・生徒学用品費の支給を受けていない  はい・いいえ」
の設問は、、、ややこしくないか???
受けていない場合、日本語的な「はい・いいえ」だと「はい」になるわけですが、英語的には「NO」になるわけで・・・。
なぜ「~支給を受けている はい・いいえ」の設問にしないんでしょうか。。
次年度以降、改善されることを望みます。

こちらがチラシです↓

こちらが詳しい資料です↓
所得審査は家族数や該当事項などにより異なります。審査があるので、わからない場合は申し込んでおくほうがよいかもしれませんね。

医療券ですが、子ども医療証(ひとり親医療証)で1回500円、月2回上限なので、そのまま受診していました💦
虫歯も対象なんですね・・。
ただ、この医療券をもらいに市役所までバス乗っていったら・・・・あまりオトク感ないなあ・・。
「窓口で3割を負担しますが」とあるけれど、子ども医療費制度は15才(中学3年生)までの子ども対象で所得制限なしなのです。

https://www.city.toyonaka.osaka.jp/kosodate/kosodate/iryouhi/kodomo.html

なんだか、制度いっぱいあるでしょ!
というアピールにしか見えないyo!
このあたり、縦割り行政の弊害なんじゃないかしら。。。

夜は庄内にあるぐーてんこども食堂へ
今日のメニューはハンバーグでした😋

食後はゲームタイム。
こどもたちのパズルの解き方の早いこと!

豊中北東部にも子ども食堂もっとあればよいのになあ~✨✨
需要がないわけではく、「場所」がないんですよね・・・。
上新田付近で「場所」の情報提供、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m