2019年5月20日(月)

バックアップセミナー北摂の振り返り会に行ってきました。
バックアップセミナー北摂とは、現職議員や元職議員が政治や選挙に関わろうとする市民を増やすために作られたセミナーです。
https://www.facebook.com/backupseminar.hokusetu/

昨年、こちらのセミナーを途中からですが受講しました。
そのほかにも、

社民党福島瑞穂さんによる「みずほ塾」
http://mizuhoto.org/1756
に何度か行ってみたり、、、

NPOフィフティネットによる「バックアップスクール」
https://www.facebook.com/Npoフィフティネット-458521774218716/

等を受講しました。

関西無所属ネットワーク
https://www.facebook.com/関西無所属ネットワーク-2209721695967211/
にも所属していましたが、途中で情勢が変わり退出しました。

昨日の振り返り会は、スタッフ以外私しか出席がないという、、、
共に受講したみなさんと会えることを楽しみにしていたのですが、残念です。

選挙やってみてよかったこと、悪かったことなどふり返りましたが、、、

「なんで豊中?なんで立憲?リーフレットなんでこの推薦者?」

という直球ストレートな質問が来て、、、返答にとても困りました、、、💦

私は2018年の8月に大阪市から豊中市に転入しました。
それはずばり、選挙のためです。
以前住んでいた大阪市では他候補者のお手伝い等をしていたこともあったので、そこから出馬することは少し困難だったこともあり、バックアップするので豊中に来ませんかというお誘いにのりました。政治に興味をもつこととなるきっかけのひとつに森友問題がありますが、その運動が活発な豊中市という点において、さほど無関係ではないという選択でもありました。
豊中市には親戚や友人が数人いるものの、コミュニティはありません。
「じばんかんばんかばんありません」というフレーズがありますが、だいたいみなさんママ友などの「ご近所コミュニティ」は持っていらっしゃる。それすらないなかでのスタートでした。
12月に2度目の引越し・自宅の売却・伯父の他界・3週間の実習と重なっているときにリーフレット作成でコミュニケーションがもつれ、12月末には豊中へバックアップいただいていた方が応援を降りるという事態になりました。「はしごを外される」ということを身をもって体験しました・・・。この時に支えていただいた当初からのサポーターのみなさまや知人、そして家族には感謝してもしても足りません。自分でもよく精神壊れなかったなと思います。
この時点で選挙を諦めるという選択もありましたが、自宅を売却し、子どもたちの学校も転校し、築いてきたご近所付き合いを捨て、社団の事務所を移転し、新しく事務所をオープンした、そこまでしたのに諦めることはできません。
そんなときに、立憲パートナーズの方からお声がけいただきました。
立憲民主党には知り合いもいるので、選挙を考えていた時からお誘いはありましたが、当時は無所属・豊中でというお声がけいただいていたこともあり、お断りさせていただいた経緯がありました。そこで、改めて立憲民主党に申請をしましたが時すでに1月。。。公認はすでに決定しています。イレギュラーに「推薦」ということにしていただきました。でもその決定がでたのが2月末。。。
そこからやっと政治活動スタートです、、、。
立憲民主党は推薦でも入党する必要があります。そのため、無所属市民派の新人で作っていたグループ「関西無所属ネットワーク」からも外れました。メンバーには「推薦」をもらっている方たちもいらっしゃいますが、他党では「推薦」は党員ではないという判断なのだそう。
新しい体制でリスタートするなかで、応援を降りられた方も後方的に応援していただけることになりました。
そんなバタバタのなか、今回の選挙では残念ながら結果を出すことはできませんでしたが、1668票、次々点という結果でした。
当確と思っていたのに残念、まさか、という声、
新しい土地で大健闘だ、という声
様々あります。
結果は出せなかったけど、自分のコミュニティの芽を作ることができた。これが宝です。
「選挙は人間関係を壊す」ということを以前聞いていたのですが、私にはこれがさっぱり理解できず、、、(というかもともと人間関係がないなかでのスタートですが)Twitterで「右の人は人を取り込もうとする、左の人は人を切ろうとする」というような投稿があり、右とか左とかは相応しくないかもしれませんが納得できたところがあります。

ちなみに、現職の方で再選果たされた方の選挙内容を教えていただきましたが、お金の面も含め新人にはまねすることができないことが多かったです。同市の方は金額的には私の3倍、事前の新聞折込は5倍かけられていました💰
あまりお金をかけなかったという方もいらっしゃいましたが、前回の看板を利用した・支援者の方に事務所を借りたなど、2度目以降ならではの節約術が含まれているのでそれらを考慮する必要があります。

色々とこうしたらいいああしたらいいというお話があるのですが、結局最後は答えないからねというところに落ち着く。
きっと、防災講座もこうした悶々とした思いをもたれるんだろうなあと違う意味で反省。
ひょんなことから仕事のヒントがみつかるものです💡

昨日の振り返り会は、運営検討会のような雰囲気でもありました。
今後は
1、人材の掘り起こし
2、選挙に向けて
3、当選後のサポート
を長期的な視野でされるそうです。

「自分はどのような選挙をしたいのか」具体的に固まっていて、後援会などの人材サポートがしっかりある無所属市民派の方にはピッタリのセミナーです。でもそこまでしっかり固まっているなら関西無所属ネットワークのほうが実務的に使いやすいかも!?

昨日の振り返り会に行って、「なぜ豊中」という大きな命題の答えが明確でなかったことを思い出させていただいたことに感謝✨✨
だけど、「1000取れるかくらいと思っていた」と思われていたこと&発言はちょっとガッカリ。。。
それなら2000とれるようにバックアップするのがバックアップセミナー運営としての仕事ではないのか!?と突っ込みたくなったけど(笑)
そして当選後のサポートはあるけど落選後のサポートは考えられていない。こちらもガッカリ。。。

来週はバックアップスクールの振り返り会です。
こうして少しずつ振り返り、整理し、次に備えなければなりませんね。
意見をいただくことで、自分の答えもでてきます。
この半年、いろんなことがありすぎたのでこうして少しずつ整理していこうと思います。