2019年5月3日
憲法記念日

豊中市役所から豊中駅まで市民パレードに参加しました。
山本いっとくさんと先頭の横断幕を持たせていただきました。

市役所を出発👣

こういう時って警察がいますけども・・・
市民のパレードを保護していただいているのですね。
交通整理をしていただいたり、誘導していただいたり。
ありがとうございますm(__)m

豊中駅に到着。
豊中いちばん星のメンバーのみなさまと。

午後からは扇町公園へ

早めに着いたのですがすでに人が集まっています。

配られていたプログラム

戦争展の写真も掲示されていました。

立憲民主党、日本共産党、社民党の議員団のみなさま

あつまった皆さま。すごい人・人・人!!!

テレビでは令和になって祝賀ムード。それはそれでよいのですが、平成をふり返ってみて「平和だった」と答えている方が多くびっくりしました。湾岸戦争や9.11テロなど平和とは程遠い時代だったように思います。国内は平和だったから?いやいや、阪神淡路大震災、東日本大震災など大規模災害が相次ぎました。そしてバブルははじけてデフレの時代・・・。
新しい時代を迎えるにあたり、今いちど憲法について考えてみることも必要なのではないでしょうか。

お上に逆らわず、みなと歩調合せて目立つことを避ける。

そうして教育され、疑わずに育ってきたわけですが、その先にあるのは何か。
子どもたちに残せる未来はどのような未来になるのか。
憲法の改正について議論がありますが、なぜ改正したいのか、どの部分を改正するのか、改正するとどうなるのか。
憲法は日本の最高法規ですから、「なんとなく改正」では済まされません。

私個人としては、日本国憲法の改正は反対です。
憲法の改正を許してしまうということは、権力者の歯止めを無くすということです。
それを権力者でもない人たちが賛成しているのに、とても違和感を感じています。

と、そんなことを考える一日でした。
お天気にも恵まれ、また日焼けしました~🌴