2019年1月21日月曜
ぐーてんこどもしょくどうの日です。
今日はこどもたちだけお願いして、、、中央公民館でフラットの会に出席しました。
フラットの会・豊中は、現実の政治課題、社会の在り方について、市民と政党が対等な関係で対話し、共に考える場を市民の側から作っていくという趣旨の会です。
https://twitter.com/5CA2lcjkzUxLEqq

中央公民館入口

フラットの会主催
豊中市が目指す庄内地域における魅力ある学校づくりとは?
と題し、庄内地域で学校再編がすすんでいるので、その詳細を学習するという学習会でした。

庄内地域にある小学校6校と中学校2校を2つの小中一貫校にするという計画があります。賛成/反対という前に、じっくり中身を検討したいです。

豊中市では南地域と北地域で困り事が異なるいわゆる南北問題があります。
庄内地域は豊中の南に位置し、木造家屋が多い・高齢化率が高いなどの問題があります。
学校を再編するということで、メリットもデメリットもあります。
今日の会でも、役所と地域がともに作り上げていくことが重要だという意見がありました。
豊中の魅力ある学校づくりのロールモデルとしての事業計画だということですが、それなら市全体の方向性を示したうえで、まず南部をという動きでないと、南部だけの問題だよね、ということにならないかと危惧しています。
学校だけの問題でなく、災害時の避難所としての危機管理や校区福祉委員会をどうするといった社協などとの横の連携も必要です。
注視していきたい事業のひとつです。。
ありがとうございました。